ブログ - BLOG

「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」のクリエイティブワークを調布企画組が担当しました!


\来年、調布に映画祭が復活します/
「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」のクリエイティブワークを私たち調布企画組が担当しました!

フェスティバルのシンボルイメージはもちろんのこと、フライヤーやポスターなどのアド、特設サイトやノベルティグッズなどもトータルでプロデュースしています。

本日から、みんなが推しの映画に票を投じてグランプリを決める「映画のまち調布賞」の投票がスタート!
どこで投票するのやら?という方は、以下のサイトから投票場所をご覧ください!

https://chofucinemafestival.com/

フェスティバルのシンボルマークは、調布出身のクリエイティブディレクター 山田祐一くん(quarterback)と彼が信頼する気鋭のグラフィックデザイナー 清水 彩さん(quarterback)に依頼。

色とりどりで大きさもまばらなドットは映画に関わる人々の思いを表し、映画はいろいろな人に支えられてできていることを表現しています。

映画のまち 調布賞は石井秀幸(LockUP)が担当。

来年のシネマフェスティバル開催に向けて、調布企画組もますますヒートアップ!
調布をもっともっと盛り上げるために全力を尽くします!


ブログ一覧へ
TOP