ブログ - BLOG

6/30日開催!犯罪は予測できる!小宮信夫教授に学ぶ「犯罪機会論」


犯罪は予測できる!小宮信夫教授に学ぶ「犯罪機会論」

////////////////////////////////////////////////////////////////////
調布で活動する二つのコミュニティ「調布企画組」と
「co-ba chofu」の初コラボ企画!
/////////////////////////////////////////////////////////////////////

ただの働く場の提供だけでなく、この場所で暮らし、はたらく地域の大人が安全安心な場を“楽しんで”つくっていくことにも関わってほしいーーそんな思いをもっている調布の大人たちが「犯罪機会論」という考え方に出会いました。

「犯罪機会論」は、犯罪の発生要因を犯罪者の人格に求める「犯罪原因論」に代わって英米・北欧・ドイツ・カナダなど世界中で普及している理論で、『犯罪の発生要因は犯罪が発生した環境(場所)にある』とする考え方です。

今回は新潟女児殺害事件でも注目された「犯罪機会論」について、その第一人者である立正大学・小宮信夫教授に学びます。

“見守るべき対象も、見張るべき対象も、「人」ではなく「場所」である”

この機会をきっかけに、大人も子どもも楽しめる安心安全な地域づくりについて、いろんな方と考えたいと思います。ぜひ一緒に、「犯罪機会論」を学んでみませんか?
****************************************************************
【開催日時】2018年6月30日(土) 19時~21時半
【当日のスケジュール】
■18:30会場オープン
■19:00スタート 講義は1時間程度でそれ以降は雑談を交えての交流会を予定しております。
■21:30 終了 (自由解散)

【開催場所】
co-ba chofu
東京都調布市小島町2丁目56番地3 調布センタービルB-105
京王線調布駅南口より徒歩3分
https://co-ba.net/chofu/

【申し込み】FBイベントページの参加ボタンを押してください。https://www.facebook.com/events/116817415819029/

【参加費】
 1200円(当日お支払いください)
※ソフトドリンクをご用意します。
※小宮先生の最新刊「写真でわかる世界の防犯 遺跡・デザイン・まちづくり」
(2017/4/25発行、小学館)の販売も行います。

【定員】30名

【小宮信夫教授プロフィール】
中央大学法学部法律学科卒業。ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科修了。国連アジア極東犯罪防止研修所、法務省人権擁護局、法務省法務総合研究所などを経て現職。地域安全マップの考案者。
著書に、『写真でわかる世界の防犯 ――遺跡・デザイン・まちづくり』(小学館)
『なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか』(青春新書)
『犯罪は予測できる』(新潮新書)
『犯罪は「この場所」で起こる』(光文社新書)
『犯人目線に立て! ――危険予測のノウハウ』(PHP研究所)
『安全・安心の環境づくり ――地域で守る・自分で守る』(ぎょうせい)など。

NHK「クローズアップ現代」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、TBS「ひるおび!」、フジテレビ「ニュースJAPAN」、テレビ朝日「報道ステーション」などテレビ・ラジオへの出演、新聞の取材(これまでの記事は1500件以上)、全国各地での講演も多数。

【日経DUAL】に「小宮信夫の防犯教室」を連載中。
http://dual.nikkei.co.jp/article/053/46/

【WEDGE Infinity】に「『犯罪機会論』で読み解くあの事件」を連載中
※詳しくは小宮教授のHPをご覧下さい。
http://www.nobuokomiya.com/
【主催】
■ 調布企画組 
■ co-ba chofu
新宿より17分、都会のベッドタウンにある会員制シェアードワークプレイスです。
1年にわたって住民参加型のまちづくりワークショップ「調布まちみらい会議」を実施し、
その結果を受け、調布の新しい拠点として計画されました。

自然豊かでありながら、都内へのアクセスも良い調布。ここに集中出来る環境と、
単なるワークスペースにはとどまらない価値を創出し、様々なコンテンツが集まる場所をつくります。
co-ba chofuは調布発の新たな文化の発信と、働き方をデザインし、より暮らしにフィットするライフスタイルを考えます。


ブログ一覧へ
TOP